ハーバリスト周先生

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 08:00

備忘の為か これからの人の為か 自分の為か分からないけど『ガンが治る』方法を書いておきます。

 

NZへ行った時に周先生の息子さん達から聞いたことなんですが(勿論本人からも) このブログに登場の私の老朋友 周先生は ガン患者を治した事も有り オークランドではチョッとした有名なハーバリストなのだそうです。

 

周先生の長男曰く 先日もマレーシア系 中国人の奥さんが周先生の家に来て 「うちの旦那が末期ガンになった。余命3カ月。未だ元気なのになぜ・・・」泣きじゃくるばかり。 (お気持ち良〜く分かりますよ。)

 

そして周先生の言う方法を忠実に実行した所 ガンが消えて 医師も驚いたそう。 他にも結構な人がガンから生還して居り 猛竹エキスみたいな感じかなあ???(猛竹に失礼か?イヤイヤ どっちが失礼か良く分からんけど)

 

 その方法とは

 

一日3回浴びる様に自分の尿を飲む。(毎回200cc) ← 一回じゃあ無いのかよ。詳しくは日本の医師である中野良一先生の本を読む宜し。

 

それと野菜スープを一日3回飲む 野菜スープの作り方は

 

ゴボウ(半本) 

大根 (半本) 

赤大根(半本) ←この赤大根は中国に有る白大根と同じサイズの赤い大根。こっちには無いのでラディシュとかでも代用可と言うかそうするしかない。

大根葉(半本分)

乾燥シイタケ一枚

水500ccを加える。

 

硝子又は陶器の鍋で20分ほど煮る。

 

それを朝昼晩と飲む。

 

どうなんだろうこの方法??? 

 

信じる者は救われるのか??

 

息子さん達(周先生も)曰く 間違いなく実績は有る方法だそうです。

 

シンデレラタイム

  • 2017.01.16 Monday
  • 08:55

病院に行き 痛み止めを貰って来た オキシコドン とかオキシコンチン と呼ばれる 半合成麻薬と呼ばれるものでした。 5mgを4時間ごと服用と言う事ですが マア痛くて我慢が出来ない時に服用しています。 こんな物でさえアヘンと言うかケシの花の力を借りないと出来ないなんて本当に人間の科学って(化学??)マダマダだなあ〜と思います。

 

オキシコドンの副作用で便秘になるので下剤もセットで服用していますが 最初はオキシコドンの効果が切れて 下剤を飲んだら速効効果が有ったのですが 最近は下剤にも体が慣れてきて だんだんと体の中に溜まる様な感じになって 上から何か食べないと出てこない様な感じです。

 

発酵生活してから便秘で困った事は無かったのですが 流石に薬の効果(イヤ副作用)は凄いです。このオキシコンチンは 5mgから40mgまでのラインアップが有るみたいですが どんどん強くする事に抵抗が有ります。

 

一応 自分を客観的に見て 痛み止めを飲んだ自分は「使える」と思いますが 腹が痛いとウンウン苦しんでいる自分と 痛み止めを飲み「使える」自分と どちらが本当の自分かを考えた時には怖ろしい結果となります。

 

酒の力を借りてイキがる人とそんなに違わない様な気がしています。何が正しくて何が間違いなのかは 個人の判断で異なるのでしょうが 私は薬を飲んだら アレとこれとそれをしよう 薬が切れたらこれをしょうと言う感じで 自分の中で割り振りを決めています。 薬を一回飲むと 約4時間 まともな自分になれるシンデレラタイムです。そんなシンデレラタイムも 何度も服用すると時間だって短くなるだろうし 薬だって増量しなければならない。

 

末期ガンになって(そう長くはないので)薬をバンバン使っても良いだろうと言う意見も 有るかも知れませんが 皆様と薬の付き合い方教えて欲しいです。

ヨモギ蒸しVS ヨモギ風呂

  • 2017.01.15 Sunday
  • 16:00

昨日の失敗に懲りてヨモギ蒸しとは 本当に蒸して 蒸気を体の上から被ったケーブの中で??充満させると言う 蒸し風呂と言うかサウナの様なものだと分かった私は ポータブルのガス台の上に 鍋を置きその中にヨモギの薬草と 水を入れそれを煮ながら 本当のヨモギ蒸しやってみました。 

 

若しも本当にヨモギ蒸しが効果が有るのなら エッグクッカ―でも買って来て その上に陶器の壺 火力が足りないならそのまま使うとか要らん事バカリ考えて 買いたい心を抑えて実験に臨みました。

 

 

やってみました。ポータブルのガス台ですが 火の調節は出来ますが 蒸気が下から上がって来て結構暑い! やりたい放題 我儘の限りを尽くした韓国のヤンバン(貴族)でしたら 下人に向かって「熱い!このボケ〜」とか言いながら 煙管(キセル)でシコタマ叩きまくったのでしょうが そんな事をしても解決できないのを悟っていた私は 空気を入れたり おしりの位置を変えながら マタ火を最小に調節したりしました。

 

 

 蒸気は結構効きます。余りに暑いので 料亭とかで出す一人用の鍋の中でも燃やすモノを燃料にした方が良いかなとも思ったのですが そっちの方が火力が相当強そうなので マアよもぎ蒸しが良かった場合は色々考えましょう・・・

 

結果ですが 確かに体は温まりますが ヨモギ風呂ほどでは有りません。女性はいざ知らず 男性 特に私の場合は よもぎ蒸しよりもヨモギ風呂の方が良いと思いました。

 

ヨモギ風呂の場合欠点はと言えば なべで煮込んだヨモギの薬草を風呂に入れる訳ですから ヨモギ蒸しに比べて相当な量のヨモギを使用します。 ヨモギ風呂の場合はヨモギをケチるとアンマリ効果が無いです。

 

ヨモギ風呂はトロトロに汗が延々と出てきます。こっちの方が男性には良いかも。じかに肌から吸収出来るので 女性でもこちらの方が良いかも??? 感じ方は個人で違ってくるので判断は御自身で。

本格的 よもぎ蒸しに挑戦

  • 2017.01.14 Saturday
  • 15:31

韓国と言えば「よもぎ蒸し」(ウソウソ) 贅の限りを尽くした両班(ヤンバン)達がやったとされるよもぎ蒸し。日本で機器の都合でヨモギ風呂しか出来なかったのでよもぎ蒸しを自宅でやってみました。

 

よもぎ蒸しって 壺置いて その下に電熱プレートにスイッチを入れて 燻す感じなんですよねえ???? 先ずはやってみないと始まらないので リクライニング椅子の一つの支えをカット その後よもぎ蒸しの材料に火を付けて椅子の下に置く

 

 

その後大は小を兼ねると言う事で特大のレジャーシートに身を包み 夕陽を見つめながらやりました。 韓国のヤンバンとは言えビニールのレジャーシートに身を包まれてよもぎ蒸しを行なった人はいないでしょう。 特大のレジャーシートは韓国の民族衣装のように頭から被るのではなく 日本式に羽織ると言う気の効きよう。羽織る事によって空気の調節も自由自在。日本の文化と韓国の文化の見事なまでの融合ですね。 

 

 

40分やりました。体ポカポカですか???う〜ん言われてみたらそんな感じだけど 煙の臭いがなんとも・・・・もしも継続してよもぎ蒸しをするなら色んな改良点が思い浮かびましたが よもぎ蒸しの後は30分位シャワーを浴びずにそのままにしておいた方が良いと言うのでそのままにしておきました。

 

その後インターネットのヨモギ蒸しのやり方を ヨクヨク見たらヨモギは燻すのではなく 文字通り蒸すと・・・・蒸すので有ればどうもヨモギ蒸しよりもヨモギ風呂に軍配が上がるのではないか?と思いましたが 日を改めて挑戦してみたいと思います。

 

↑ 植木鉢を利用してヨモギを燃やしたので 全体的に火が回っていない 色んな誤解が有ったかも知れないが (終わった話をまた繰り返しやると言う)「蒸し返す」と言う言葉 ナルホド良く出来た言葉だと感心しました。(笑)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

カウンター

4444444444からの訪問者数 today yesterday

一日1クリック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM