未だ偉人では無いけど・・・大場 修治

  • 2016.02.03 Wednesday
  • 12:07

 
こちらの大場先生 ゲルソン式を含めて食事療法を推奨する医師です。私はフェイスブックの御縁で 恐れ多くも色んな試行錯誤をしている中 大場先生に声を掛けて戴きました。
 
写真を拝借しようと思ったらナント プロフィールまでオマケで着いてきましたので ご経歴については手抜きで省略させて頂きます。最年少で医局長となられるなど結構輝かしい経歴じゃあないですかあ?
 
沖縄にいらっしゃる医師なので テッキリ琉球大卒の方かと思ったら 日本初のノーベル医学賞者を輩出した長大卒なんですね。 大場先生 食事療法に興味を持ってからは 御自身でアメリカにゲルソン療法を学びに行かれたそうです。
 
しかしこの大場先生 2015年の年末には 御自身のクリニック廃業されました。 医師とは言え 国の治療方針を実行されない場合には色々な辛苦を味わわなければならないと言う良い見本ですね。
 
この大場先生 商売ベタなのか 儲ける積りが無いのか色々ヤッテくれます。 
 
公共のコミュで私が『術後1年半経ってお腹が痛い時が有る』と発言しました。
 
大場先生「大体そんな時は 精密検査を行いますが往々にして何にも出てこない事が多いものです。」・・・・オイオイ 医者ならダンマリを決め込むモノか 精密検査だろうよ。
 
他にも 抗癌治療をやろうとしている人に「抗がん剤は毒なので・・・」とか 医師らしからぬ発言が多いです。マア 私の様な下賤のモノからお金を取ろうと言う気が無い人なのは良く分ります。(先生に推奨して貰ったヒマシ油の湿布とか・・・・私なんかヒマシ油が買えないんで どうしたものか困ったものです。オリーブ油なら買えるのですが・・)
 
しかし 大場先生のアドバイスは値千金 本当に見て貰ったら 実際幾ら掛かるんだろうか?と思ってしまいます。
 
SNSで恐れ多くも軽〜く医療アドバイスをする所なんか これじゃあ商売のネタにならないだろうよと 笑ってしまう位です。(ウケケケケ)
 
食事療法を中心に考えている人に一番役に立つ御意見を戴けるのはこの先生だと思います。
 
がん治療については私も色々本を購入したりとか ネット上でも色々調べてみましたが 結局の行き着く所は 大場先生のこちらのリンクの小冊子になると思います。

http://www.okinawanaturalclinic.com/
 
この小冊子(ガンの良くなる仕組み 悪くなる仕組み)簡潔に 医師の立場で要旨をマトメテ有ります。この小冊子は自分が色々本を買ったりして調べ上げた事と全く同じ 場合によっては それ以上の価値が有るものだと思います。
 
但し、当たり前かも知れませんが実行しなければ価値が出ません。 それと 小冊子(ガンの良くなる仕組み 悪くなる仕組み)は 良く出来たものですが 矛盾だらけの人の体 どんな時に何をすれば良いのか分る様になるまで 相当な試行錯誤が必要だと思います。
 
大場先生の小冊子を読んだだけで 実際に首尾よく実行できる人は千人に一人くらいでしょう。だからこそ大場先生の存在意義が有ると思うのです。
 
やった人には判ると思いますが 甲田療法でも最初は何これ???ですよね。そしてゲルソン療法にしても同じこと。
マックス ゲルソンの娘さん曰く「日本人の方で多くのガン患者が(24人位)ゲルソン療法行ない メキシコの病院での経過は順調でしたが 残念な事に日本に帰ってから生き延びた人は誰一人としていません。 理由としては 退院後の自宅療養で正しいゲルソン療法を続けることが出来ずに 日本の食事に戻っていった為でしょう」 
 
厳格なゲルソン療法をアメリカ(メキシコか?)まで行って実行しようとした人が助からずに 星野先生の様に自身でアレンジした人が助かると言う なんとも不思議な感じですね。
 
結局は幾ら大場先生が癌治しのエッセンスを小冊子にして出そうとも 自分で実行しない人は絶対にダメ。考えずに行なうので有れば 大場先生なり橋本先生なり 故甲田先生なり 星野先生(この人は精神科医なので指導の場は非常に限られる)の御指導が無いと 道を外してしまうし それさえも分らなくなると言う事だと思います。
 
大場先生 まだお若いので 将来は(お金に困って)一勤務医として終わるか(それはそれで立派な事だと思います)ハタマタ 貧乏自慢の甲田先生の様な人生を送られるのか未知数です。
 
どうなるのか分りませんが それが許される環境に有るかどうかが大きく関係してくると思います。 許される環境とは・・・有る時は奥さんだったり 有る時は世の中で有ったりとかします。
 
医師免許を持った人と結婚された奥様に 「大場先生は死後 誰もが尊敬する大先生と崇められるので 飲まず食わずの生活で我慢して下さい!」なんて言っても酷過ぎるでしょうし。
 
医師批判ばかりする様な人には是非とも大場先生を応援して欲しいと思います。
 
そうしないと薬漬けや利権の横行する医療は絶対になくならないと思います。
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

カウンター

4444444444からの訪問者数 today yesterday

一日1クリック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM