泌尿器科も卒業 車も卒業???

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 17:45

今日 泌尿器科の方へ行ってきた。

以前からお世話になって大腸の方の癌が肥大化して 腎臓を圧迫していた。腎機能を守るためにバイパスの手術をするかどうか 経過を観察していたのですが 先日のCT検査で 癌の方が消えた (マアPETで調べたら出て来るのでしょうが)CTでは見えないと言うことで 緩和ケアに続き 泌尿器科も「もう来なくて良いです。」と言われました。

 

大分気が楽になりました。

 

それと好事魔多しで ポストを見たら警察から罰金通知が・・・信号無視をして4万円ほどの罰金を喰らってしまった。自分としてはチョッとショックだけど 正直今まで無理して運転していたのが事実です。

 

先日は疲れて路肩に乗り上げていた。危ないと自覚はしていたけど そして中々決断が出来なかったけど 女房が「もう乗らない方が良いんじゃあない??」と言われて 踏ん切りついた。これから女房の負担が大きくなるだろう・・益々頭が上がらなくなりそう。

 

これからは本当に必要以外は車に乗らないことにする。今まで事故を起こさなかっただけでもありがたく思わなければ。。。

 

都合の良いことに公共交通機関の便の良い所に引っ越しした。

 

今日は病院からバスで帰った。

 

帰った後 昼はラーメン食べようと思った。 チャーシューが欲しくて買いに行こうかなと思ったけど 次男が扁桃腺の手術 女房付き添いで 車を出そうかどうか迷ったけど 自転車で近くのショッピングセンターへ3男と一緒に行った。チャーシューは手に入らないが ローストポークを買って それで代用。 

 

これでイイのだ。

 

バカボンのパパの様に一人でつぶやいた。

 

所で昔から不思議なのだけど『天才バカボン』は主人公は間違いなくバカボンパパ バカボンは頷きトリオと同じでほとんど何の役にも立っていないのだけど どうして題名として バカボンが出て来るのだろうか?? 天才バカボンオヤジとかじゃあ語呂は悪いのは確かだけど。。。

 

今はネットで何でも調べられるので ちょっと調べたら私と同じく疑問を抱いた人も結構多かったみたいで 真相は 最初は 出来る弟 『はじめ』ちゃんと兄『バカボン』が話の中心となる予定だったけど バカボンパパがバカボンを上回るバカぶりを発揮 それが受けたのでパパがいつの間にか主人公になったそうです。

 

赤塚漫画では主人公よりも脇役が目立ってしまうことが良くあるみたいです。

 

コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カウンター

4444444444からの訪問者数 today yesterday

一日1クリック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM