薬変更後の抗癌

  • 2017.12.07 Thursday
  • 23:53

本日イリノテカン初日 イキナリ吐き止めとかを注入して抗がん治療開始。

下痢止めと言うことで腹に皮下注射。イテテテテ普通のポートからの注入は出来んもんか?
確実に前の薬とは違う。抗がん剤も大腸がんの場合は効きが悪いのでイキナリ 結構なもの(他の癌では末期に使うもの)を使う。ドンドン引くカードが少なくなってくる。頑張れ俺の肝臓。
髪はこの前大分抜けたけど今度は つるりん覚悟してるので 抜けた後は今のターバンみたいな帽子じゃあなく ビニーを被った方が良いと女房の忠告。
ハッキリ言って チョッとだけ調子が良い・・・と言うことは今までのダルさとかは癌の方から来てたのか マア肝臓の大半が癌で機能停止なら仕方ないかも。
ゾゾゾ・・・先生の言うこと聞かずに 効かなくなった薬を打ち続けていたら。。。 この薬だって効くって保証は全くない。でも効いていると思い込まないとやってられない。
ボンベに入った薬を外しに行くのは土曜日。4時半までには来てねと言われた。副作用は今の所そんなにスグは現れない。

 

JUGEMテーマ:闘病記

コメント
サプリは食事の追加と同じ。
一人でも多くの人が治ることを祈ってメールします。  強力に自然治癒を促す最強の必須栄養素です。史上最高のサプリです。現代人は不足しており、サプリで追加投与が絶対必要だというのが最近の研究です。 日光浴や食事療法では不十分なのです。  又最新の研究で、自閉症やアルツハイマー病、癌等は、ヒトパピローマウイルスの感染とアスベスト±重金属の汚染の合併と分かりました。見つかった治療法は、難病の割にはいたって安価で簡単です。平均適量は、ビタミンD400単位x3〜4/日とタウリン180x3〜4/日です。全身のウイルスやアスベストが尿中に排泄されます。回復を劇的に促進させる事が出来ます。自閉症やアルツハイマー病等は、発症3年以内だと劇的に治ります。近くの薬局で買えない場合は、ネットや又は海外から個人輸入できます。タウリンはリポビタンDなどにも入っている安全なものです。ビタミンDは骨・カルシウム代謝のみでなく、両者とも強力な、そして副作用の殆どない抗がん/抗ウイルス作用が見つかっています。是非私のブログを参照にしましょう。➡ http://blog.goo.ne.jp/nobuokohama 。  あらゆる精神疾患・脳疾患や不眠症、アレルギー、喘息、癌など、全てに応用は可能です。 抗がん剤の副作用も強力に抑えます。ポイントは、追加のサプリが、絶対的に必要という事です。食事療法や日向ぼっこのみでは不十分という事です。嘘かどうかは貴方自身で簡単に試せます。何しろ、巷にサプリとして売られているのですから。しかし内服量は必ず守りましょう。
  • DRNO
  • 2017/12/15 4:43 PM
DRNO様

見落としていました。 

>日光浴や食事療法では不十分なのです

そうなんですか??私は充分だと思ったのですが・・・
検討しますね。
  • 瀬古吉道
  • 2017/12/19 8:20 AM
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

カウンター

4444444444からの訪問者数 today yesterday

一日1クリック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM