気になるブログ2つ

  • 2015.03.10 Tuesday
  • 20:57

チョッと気になるブログが有る。
一つはこちら
「僕が玄米菜食をやめた理由」1〜9まで有ります。 玄米菜食を人にまで薦めて色々やって見たモノの 玄米菜食で健康になった人を 一人も知らない。不健康と言われる食事をしている人の方が健康的だったりすると言う事で 今までの懺悔を書き綴られています。

もう一つはこちら
癌と共生されているシンガポール在住の女性。彼女も最初野菜ジュースを飲んでいたが 体が冷えてスープに切り替えたそう。

昨日も書いたように 私も玄米菜食にして 体力的に厳しい。 低体温症と低血糖症かな?大分慣れて改善したけど脂肪が欲しい。
全ては魔法の言葉「自分の体に聞く」と言う結論に至ります。

情報も同じく結局は 自分の中で選択するしかないと言うことです。



 
コメント
「僕が玄米菜食をやめた理由」10出ました。
アブシジン酸を摂取することはよろしくないので、玄米を水に含侵して休眠打破した際は、炊く直前に水を変えてアブシジン酸を捨てます。

水に浸して12時間〜24時間、そして水を取り替えて炊飯はご存知と思います。
  • M.Shimo
  • 2018/01/16 7:58 PM
私の師匠の言葉

マアそんなに心配は要らないと思います。

(コピペ開始)

【フィチン酸のキレート作用で、ミネラル欠乏を起こすのか?!】
アブシジン酸の次に悪者扱いされている、フィチン。
フィチン酸ってことでの話題が多いんだけど、自然界にはフィチンの状態でしか存在していない。
フィチンを口から摂りこんで、胃に送られたときに、胃酸で分解されてフィチン酸になるわけ。
フィチン=ミネラル+フィチン酸 なの。
複数のミネラルと結合していた状態から、ミネラルが外れるわけ。
外れたところに、別のミネラルがくっつくだけだから、差し引きゼロになるから、欠乏とは言えない。
面白いことに、ミネラルがはずれた状態のフィチン酸は、人間が作り出した食品添加物にもなっているフィチン酸の性質になるわけではないんだって。
昔ね、柳沢さんって方が、キレート作用を起こす可能性が ”あるかもしれない”って言った仮説が、現在でも生きているだけなんだって。
因みにね、このことを実験研究した科学者の結果をコピペしとく。
「微量鉱物元素と結合した『フィチン』は、その結合を簡単に離し、離れたミネラルが体内に吸収されることを示しています。
さらに、フィチン酸があるほうがミネラルが吸収されやすいことを示しています。 」
「日本の大川順正博士は1984年高カルシウム尿症の患者の追跡調査で、患者に『フィチン(IP6)』を高濃度に含有する米ぬかを連日10グラム二年間投与しました。
その結果、血清中のカルシウム、リン酸化合物、あるいはマグネシウムの濃度に優位な低下はありませんでした。
すなわち、またもやIP6の有する微量元素キレート作用が生態に及ぼすかもしれないという危惧を吹き飛ばす結果になったのです。 」
「IP6」っていう記述がちょっと厄介なんだけど、フィチンとフィチン酸のことをIP6って呼んでるみたい。
IP6ってね、「天然の抗がん物質」なんだって。
IP6ってね、細胞を傷つけないから、毒性もないし、副作用がないってことになっててね、癌細胞が無統制に増えるのを阻止して、正常化させるみたい。他にもね、腎結石の生成や肝脂肪の予防、生体の感染抵抗力の増加、
心筋梗塞の急性期における心筋障害を防止してくれるんだって。
でね、とっても強い抗活性酸素作用を持つことで、活性酸素を五分の二以下に抑え込んでくれるんだって。
ここで残念なお知らせなんだけど、発芽玄米にすることで、フィチンも少しずつ分解されて、減っていくんだって。
フィチン=ミネラル+フィチン酸=ミネラル+イノシトール+リン なの。
発芽するときに、リンが必要になるから、酵素で少しずつ分解されて減っていくんだって。
もう一つね、残念なお知らせがある。
フィチンはね、ゴマをはじめとした穀物の繊維に含まれているのね。
この繊維ってね、腸内で酪酸菌が分解してくれてるわけ。
食物繊維って、胃をそのまま通過するよね。だから胃酸で分解されない。されたとしても微量。
で、分解もタイムラグがあるよね。フィチンのままだったり、ミネラルとフィチン酸になったり、さらにはイノシトールとリンになったり。
面白いことにね、IP6とイノシトールの組み合わせで、めっちゃ抗癌作用を発揮するんだって。
IP6がタンパク質と結合しないように、腸内に残されてしまったタンパク質は悪玉菌が分解してくれているんだろうね。
食物繊維を餌に、酪酸菌が活性すると、酪酸が作り出されるのね。
この酪酸は、大腸炎を抑制してくれる。もうね、腸内細菌叢様様。
アブシジン酸が活性酸素を作り出しても、フィチンが抑制してくれるってことになると、
わざわざ発芽玄米にして食べる必要性ってある???ってところにも到着してるなぅ。

(コピペ終了)
  • 瀬古吉道
  • 2018/01/18 6:01 AM
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カウンター

4444444444からの訪問者数 today yesterday

一日1クリック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM