大場先生の自然治癒力6ステップ動画講座を見て

  • 2017.09.27 Wednesday
  • 21:28

ウーン大分昔の事になります。確か6月の事でした。

大場先生が 自然治癒力6ステップ口座 と言うのをネット上で販売されました。

 

ケチな私が この講座を買ったでしょうか???

 

実は有る方からプレゼントして戴きました。本当にありがとうございました。この場を借りてお礼を申し上げます。また リクエストの有った購入後の感想もこちらに書かせていただきます。

 

マズ全部見るまでに相当な時間が掛かりました。引っ越しと重なったのが時間が掛かった原因の一つですが 一番の原因は 情報量が多過ぎて見るのに相当時間が掛かったことです。

 

さて この講座の紹介の時大場先生は 本当は10万円以上するモノを29800円にしています。と言われたのですが 正直私は 「マタマタ〜商売下手な人が そんな事を言っても そんなの現実的に有るわけないじゃない」と言うのが率直に感じた事です。

 

しかし、講座の内容を聴くと確かにそれ位のイヤ、それ以上の価値は充分に有るのではないかと思います。

 

これぞ正しく 『ディス イズ ドクター大場』ってな感じで 若しも大場先生がブルースリーの様に早死にしたら 伝説となるんだろうなあと思いました。

 

そうそうブルースリーに関して感想を一つ 私が初めて見たブルースリーの映画は 「燃えよドラゴン」で オープニングには オープンフィンガーのグラブをつけて戦うと言う 『現在の総合格闘技のルーツともなる』と高く評価する人もいる映像なのですが 

 

私はその映像を見て 『コイツは絶対に弱い』と言う確信を持ちました。しかし・・・他の映像 動作を見て ひょっとして凄い(強い)のか〜〜と思った事が有ります。 後で映画を作った人が感想を述べていますが 私が弱いと思った時のブルースリーは 映画の事で色々な苦悩が有り 体重は減り 体の艶は無くなり 『誰かが指で押しただけで倒れそうだった。』と言うのを聴いて 俺の思った 『コイツは絶対に弱い』と言うのはマンザラ嘘でもなかったと 自分の直観が当たっていたと自慢したくなった事が記憶にあります。


 

 

最初は打撃で閉めは関節と言う 現代総合格闘技の見本のような そして未来を予言するような映像ですが ブルースリーの手足はやせ細っていて どう見たってやられ役の相手の方が色艶良さそうですものね。(笑)  

 

 

話はそれましたが 怪しいのを含めて 世の中色んな療法が有りますが ゲルソンを始め マクロビや ケトンとか ニンジンジュースとか 甲田療法とか色んな療法の長所 短所をズバリ指摘されています。また 代替療法に傾斜している人は標準治療を否定する傾向にありますが 標準治療、例えば 抗がん治療でさえ 『毒』と言いつつも 長所短所を指摘されています。 

 

医学や治療の知識の貧しい私では説明が出来ませんが この自然治癒力6ステップ を見たら色んな療法の長所短所が分かり 難しい癌の治療、自分で納得のいく選択が出来るのではないかと思います。

 

問題となる膨大な情報量ですが ヨクヨク考えると 私も癌になった当初は右も左も分からずに 右往左往して何が良いのか分からない。ゲルソン療法とは何か ケトン療法とは何かと色々調べまくりますが この講座を我慢して聞くことにより粗方の事が理解できるので 時間的な効率を考えても価値が有ると思います。

色々迷ったり 何が良いのか悪いのか分からない人は 是非とも見て戴きたいと思いました。充分元は取れます。

 

泌尿器科も卒業 車も卒業???

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 17:45

今日 泌尿器科の方へ行ってきた。

以前からお世話になって大腸の方の癌が肥大化して 腎臓を圧迫していた。腎機能を守るためにバイパスの手術をするかどうか 経過を観察していたのですが 先日のCT検査で 癌の方が消えた (マアPETで調べたら出て来るのでしょうが)CTでは見えないと言うことで 緩和ケアに続き 泌尿器科も「もう来なくて良いです。」と言われました。

 

大分気が楽になりました。

 

それと好事魔多しで ポストを見たら警察から罰金通知が・・・信号無視をして4万円ほどの罰金を喰らってしまった。自分としてはチョッとショックだけど 正直今まで無理して運転していたのが事実です。

 

先日は疲れて路肩に乗り上げていた。危ないと自覚はしていたけど そして中々決断が出来なかったけど 女房が「もう乗らない方が良いんじゃあない??」と言われて 踏ん切りついた。これから女房の負担が大きくなるだろう・・益々頭が上がらなくなりそう。

 

これからは本当に必要以外は車に乗らないことにする。今まで事故を起こさなかっただけでもありがたく思わなければ。。。

 

都合の良いことに公共交通機関の便の良い所に引っ越しした。

 

今日は病院からバスで帰った。

 

帰った後 昼はラーメン食べようと思った。 チャーシューが欲しくて買いに行こうかなと思ったけど 次男が扁桃腺の手術 女房付き添いで 車を出そうかどうか迷ったけど 自転車で近くのショッピングセンターへ3男と一緒に行った。チャーシューは手に入らないが ローストポークを買って それで代用。 

 

これでイイのだ。

 

バカボンのパパの様に一人でつぶやいた。

 

所で昔から不思議なのだけど『天才バカボン』は主人公は間違いなくバカボンパパ バカボンは頷きトリオと同じでほとんど何の役にも立っていないのだけど どうして題名として バカボンが出て来るのだろうか?? 天才バカボンオヤジとかじゃあ語呂は悪いのは確かだけど。。。

 

今はネットで何でも調べられるので ちょっと調べたら私と同じく疑問を抱いた人も結構多かったみたいで 真相は 最初は 出来る弟 『はじめ』ちゃんと兄『バカボン』が話の中心となる予定だったけど バカボンパパがバカボンを上回るバカぶりを発揮 それが受けたのでパパがいつの間にか主人公になったそうです。

 

赤塚漫画では主人公よりも脇役が目立ってしまうことが良くあるみたいです。

 

血がサラサラじゃない。

  • 2017.09.21 Thursday
  • 07:46

この前 血液検査をやったのだけどその採血の時 看護婦さん血を採れなくて苦労していた。

普段は見ないようにしているけど 見たら血が正にドロドロ。

 

最近抗がん治療 お休みを4週間入れて(2週間間隔でやっているので やらない期間的には計6週間)大分肌が血が出にくくなったし、手足の出血もやっと収まってきたかなあと思っていたけど 血はドロドロなので怖かった。

 

お陰で3回ほど針を刺されるし 針を刺される事と痛みには慣れているけど ドロドロの血を見たら「もう長くないわ」と思った。

 

なんでドロドロと考えたら 抗がん剤の影響だよなあ〜。

 

アー今思い出した。昨日昼は生トマトを使おうと思ってチャーハン作ったのに、肝心のトマトを使うのを忘れ 夜はトウモロコシの髭をから揚げにしようと思ったのと そのついでにチョッと大量に作って手抜きをしようと 鶏のから揚げを作ったまでは良いけど 肝心のトウモロコシの髭を忘れてしまったりと ・・・正に人間の屑状態。

 

あ、そうそうトウモロコシの髭は血をサラサラにするみたい。

 

一応 血をサラサラにする薬を飲んではいるけれど 採血の時の血を見たら これ・・薬飲まなかったら「結構簡単にあの世行きだなあ〜」と思えてきた。でもこれは抗がん剤の副作用なので 抗癌の副作用は見えない所で結構あるんだなあと実感。

 

肝臓にあるガンの事 色々聞いたら 数か所あるので手術は無しで 結局抗がん治療しかないみたい。

 

今は抗がん治療から逃げられないことを覚悟した方が良いと思った。別に癌を叩き潰すつもりはないし かと言って『癌を守る』(これは癌は自分の自浄作用と考える人が持っている考え方)積りもサラサラ無いのだけど 自分的には太極拳のおじいちゃん。なすがままの自然を受け入れるしかない。

 

アーとうもろこしの髭どないしよう。今から残った油でから揚げつくるか??

 

抗癌 またもや見送り。

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 11:05

土曜日バーベキューを行い その後サウナ入った 引越しの疲れからか 熱がでた。

そして卑怯にも(計画通り)抗癌を2週間延ばしてもらった。ウケケケ

家の方は マダマダだけどなんとか落ちついた感じ。


それとCTスキャンの結果だけど 肝臓の癌は増えて大きくなっているけれども 骨や肺のガンは見当たらないそう。それって念によって消えたってことなのか???(笑)


ヤッパリ肝臓には負担を掛けているみたい。

根性のない俺は手術もやりたくないなー。(まだ先生からは何も言われていないけど)






calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カウンター

4444444444からの訪問者数 today yesterday

一日1クリック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM