造血の為の食事。

  • 2015.08.18 Tuesday
  • 14:13
どんな病気でも自身の体力が無くなると抵抗力が無くなり戦えないと言う事で 私は羊の内臓 レバーとか腎臓を食べています。(ゲルソン式食事療法でも唯一認めている肉は 子牛のレバーのみ)
 
どうして羊になるのか??と言う疑問も出て来るかも知れませんが 食べてみてしっくりと来るものが不思議と羊なのでそうなりました。
 
レバーも腎臓も余り変わりませんが 内臓をどうやって美味しく簡単に食べられるか実験してみました。



(写真 羊の腎臓 切り分けてから浸けこむ方が良いです)
 
先ず、下処理する。しないの 2つに分けます。
下処理する中でも 切って下処理する。そのまま丸ごと下処理する。の2つの方法
下処理せずに そのまま塩麹なり乳酸菌(ヨーグルト)に浸けこむ方法 その中でも 切って浸けこむか丸まま浸けこむのか? 簡単に分けて4つの方法が考えられます。
 

(下処理した羊の腎臓)

私の場合は余り臭いが気になりませんので 下処理はナシでOKという結果になりました。
勿論臭いが気になる人は下処理をして下さい。(でも 浸けこんだら余り臭いは気にならないと思いますが・・)また下処理をするにしても 丸ごと下処理しても結構大変なのでそこは手間を惜しまず 切り分けてから下処理した方が良いと思います。
 

(腎臓をマルママ下処理したのを輪切りにしたもの)

またそのまま浸けこむ場合でも 切り分けてから浸けこんだ方が味も良く沁み込みますし その後の調理も簡単なので 先ずは切り分けてから調理なり浸けこむ方が良いと思います。
 
 
またレバーは食べた後はビタミンB2が多い為 尿が黄色になります。こんな物は飲めません。星野先生スイマセン。



色々とやってみましたが結論は 切って → 漬けこむ → その後調理。
 

スープ用の骨

  • 2014.12.06 Saturday
  • 13:30

栄養士の先生から 赤肉は取らずに骨の出汁を取るように指導されているので この前は鶏がらを買ってみた。
今日は肉屋さんに牛の骨を買いに行った。今までは犬にしか買ったことがなかったのだが・・・。
いかにもって響きがあったので「Soup bone 有りますか?」と聞いたら
有りますけど 牛のすねの方ですよって言う。マア訳がわからんけどそれを下さいと言うと
 

こんな感じの肉が出てきた。
「アワワワ 私、病気で肉食べれませんねん」お店の人が じゃあこんなもんですかと骨だけを見せてくれた。
その骨を切って貰って買いました。(肉屋さんゴメンナサイ)
後学のためどんな骨があるのか聞きましたが 他は脂身が多かったりで 私にはあまり良くないのでこれから「その骨だけ」を買うようになりそうです。



 
この中だとMarrow Boneって奴なのだが この前行った他の肉屋さんは Marrow Boneは相当脂身が付いていたような・・・oxtailは昔買った事があったが 骨にしてはかなりの値段だったな。

場所(肉屋さん)によって違ってくるんだね。




JUGEMテーマ:今日のお買い物
 

本日の食事。

  • 2014.11.26 Wednesday
  • 19:45
青汁の搾りかす。サンフラワーオイル 魚少々。ホウレン草。
ヨーグルト マンゴー。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

カウンター

4444444444からの訪問者数 today yesterday

一日1クリック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM