泌尿器科も卒業 車も卒業???

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 17:45

今日 泌尿器科の方へ行ってきた。

以前からお世話になって大腸の方の癌が肥大化して 腎臓を圧迫していた。腎機能を守るためにバイパスの手術をするかどうか 経過を観察していたのですが 先日のCT検査で 癌の方が消えた (マアPETで調べたら出て来るのでしょうが)CTでは見えないと言うことで 緩和ケアに続き 泌尿器科も「もう来なくて良いです。」と言われました。

 

大分気が楽になりました。

 

それと好事魔多しで ポストを見たら警察から罰金通知が・・・信号無視をして4万円ほどの罰金を喰らってしまった。自分としてはチョッとショックだけど 正直今まで無理して運転していたのが事実です。

 

先日は疲れて路肩に乗り上げていた。危ないと自覚はしていたけど そして中々決断が出来なかったけど 女房が「もう乗らない方が良いんじゃあない??」と言われて 踏ん切りついた。これから女房の負担が大きくなるだろう・・益々頭が上がらなくなりそう。

 

これからは本当に必要以外は車に乗らないことにする。今まで事故を起こさなかっただけでもありがたく思わなければ。。。

 

都合の良いことに公共交通機関の便の良い所に引っ越しした。

 

今日は病院からバスで帰った。

 

帰った後 昼はラーメン食べようと思った。 チャーシューが欲しくて買いに行こうかなと思ったけど 次男が扁桃腺の手術 女房付き添いで 車を出そうかどうか迷ったけど 自転車で近くのショッピングセンターへ3男と一緒に行った。チャーシューは手に入らないが ローストポークを買って それで代用。 

 

これでイイのだ。

 

バカボンのパパの様に一人でつぶやいた。

 

所で昔から不思議なのだけど『天才バカボン』は主人公は間違いなくバカボンパパ バカボンは頷きトリオと同じでほとんど何の役にも立っていないのだけど どうして題名として バカボンが出て来るのだろうか?? 天才バカボンオヤジとかじゃあ語呂は悪いのは確かだけど。。。

 

今はネットで何でも調べられるので ちょっと調べたら私と同じく疑問を抱いた人も結構多かったみたいで 真相は 最初は 出来る弟 『はじめ』ちゃんと兄『バカボン』が話の中心となる予定だったけど バカボンパパがバカボンを上回るバカぶりを発揮 それが受けたのでパパがいつの間にか主人公になったそうです。

 

赤塚漫画では主人公よりも脇役が目立ってしまうことが良くあるみたいです。

 

血がサラサラじゃない。

  • 2017.09.21 Thursday
  • 07:46

この前 血液検査をやったのだけどその採血の時 看護婦さん血を採れなくて苦労していた。

普段は見ないようにしているけど 見たら血が正にドロドロ。

 

最近抗がん治療 お休みを4週間入れて(2週間間隔でやっているので やらない期間的には計6週間)大分肌が血が出にくくなったし、手足の出血もやっと収まってきたかなあと思っていたけど 血はドロドロなので怖かった。

 

お陰で3回ほど針を刺されるし 針を刺される事と痛みには慣れているけど ドロドロの血を見たら「もう長くないわ」と思った。

 

なんでドロドロと考えたら 抗がん剤の影響だよなあ〜。

 

アー今思い出した。昨日昼は生トマトを使おうと思ってチャーハン作ったのに、肝心のトマトを使うのを忘れ 夜はトウモロコシの髭をから揚げにしようと思ったのと そのついでにチョッと大量に作って手抜きをしようと 鶏のから揚げを作ったまでは良いけど 肝心のトウモロコシの髭を忘れてしまったりと ・・・正に人間の屑状態。

 

あ、そうそうトウモロコシの髭は血をサラサラにするみたい。

 

一応 血をサラサラにする薬を飲んではいるけれど 採血の時の血を見たら これ・・薬飲まなかったら「結構簡単にあの世行きだなあ〜」と思えてきた。でもこれは抗がん剤の副作用なので 抗癌の副作用は見えない所で結構あるんだなあと実感。

 

肝臓にあるガンの事 色々聞いたら 数か所あるので手術は無しで 結局抗がん治療しかないみたい。

 

今は抗がん治療から逃げられないことを覚悟した方が良いと思った。別に癌を叩き潰すつもりはないし かと言って『癌を守る』(これは癌は自分の自浄作用と考える人が持っている考え方)積りもサラサラ無いのだけど 自分的には太極拳のおじいちゃん。なすがままの自然を受け入れるしかない。

 

アーとうもろこしの髭どないしよう。今から残った油でから揚げつくるか??

 

抗癌 またもや見送り。

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 11:05

土曜日バーベキューを行い その後サウナ入った 引越しの疲れからか 熱がでた。

そして卑怯にも(計画通り)抗癌を2週間延ばしてもらった。ウケケケ

家の方は マダマダだけどなんとか落ちついた感じ。


それとCTスキャンの結果だけど 肝臓の癌は増えて大きくなっているけれども 骨や肺のガンは見当たらないそう。それって念によって消えたってことなのか???(笑)


ヤッパリ肝臓には負担を掛けているみたい。

根性のない俺は手術もやりたくないなー。(まだ先生からは何も言われていないけど)






人間の屑

  • 2017.09.14 Thursday
  • 15:56

 

これは 忌野清志郎の曲なのだけど 不思議とこれを聴くと元気が出る。

 

 

素面(しらふ)の時に聴いたら笑えるレベルのモノだけど 今は 心に沁みる。

 

清志郎で思い出したのだけど 人間も不思議と同じレベルの人が集まる。あの世は魂のレベルによって階級が有るみたいだけど

清志郎は たけしや 三浦友和 坂本龍一 矢野顕子 井上陽水とか色々交流が有ったみたいだけど 不思議と同じレベルの人が集まるもんだ。

癌になってからウルフルズを聴いているけど ウルフルズの曲で どうしても清志郎に歌わせたい曲があった。「全てはALL RIGHT」って曲だけど 実は清志郎の曲だった。 昨日知ったのだけど 聞いた時鳥肌立った。
私はトータス松本(ウフフルズ)のをズ〜っと 聴いていました。
ウルフルズとRCサクセションかあ 音楽もヤハリ同じ様な人たちが集まるもんだなあ。
そうそう井上陽水だとばかり思っていた 「帰れない二人」あれも清志郎に歌わせたいと思った事有ったけど あれは陽水と清志郎の共作だったんだね。道理で 音程が清志郎に合ってる筈だわ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

カウンター

4444444444からの訪問者数 today yesterday

一日1クリック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM